2019年仮想通貨のこれからの動きまとめ。

ビットコイン(BTC)の価格は、昨年末の6分の1程度となり、天井であるバブルから参入した方にとって2018年は損失が膨らんだのではないでしょうか?仮想通貨は、今後どのような流れになっていくのでしょうか?

仮想通貨の市場規模

株やFXなどの金融商品と比べてみると、仮想通貨の市場規模は小さいものです。

その理由は、仮想通貨という特有の性質上、投資対象としての信頼性があまり確立していないことが大きいでしょう。しかし、今後は市場が再び拡大する可能性はあります。

国内の仮想通貨取引所を見てみても、GMO、DMMなどの大手企業がが仮想通貨事業に参入していることから、今後は市場が再び拡大する可能性があることがわかります。最近では、SBI、マネックス証券のような、金融業界の大手も仮想通貨関連で名前が登場する様になってきました。

この様に、大手企業が参入しているという信頼性を背景として、また投資家が仮想通貨取引を始めることも十分に考えられます。

また、現物取引だけではなく、仮想通貨FXでの取引を利用する人が増えてきました。

仮想通貨の実用性

実用性も重要なポイントです。

ビットコインは通貨としての機能に特化しています。、ビットコインは、グローバルなデジタル通貨として現在一番普及しています。

日本国内においては、ビックカメラなどビットコイン決済をするお店が増えてきています。利用できる場所が増えれば、その価値が上昇することが予測されます。

ビットコイン以外にも、送金手数料が格安であるリップルも値上がりが期待されています。
リップルの特徴として、コスト面から銀行間の資金移動が安く、その点がメリットです。すでに実際の送金でリップルが利用されています。

仮想通貨のこれからの動きまとめ

仮想通貨の市場は、2017年1月上旬を経過したことから、価格が下落傾向にあります。

しかし、かつてのマウントゴックス事件後にも同様の傾向が見られました。

ビットコインやリップルに限らず、仮想通貨市場全体でみるとと、仮想通貨は、今後も成長をしていく可能性があります。

課題として、セキュリティ対策の強化、実用性の向上、決済できる場所が増えるなどがあれば、今後価格は、値上がりしていくでしょう。

仮想通貨の将来性に魅力を感じている人は、多額でなくても良いので、少額から投資してみるもの良いでしょう。レバレッジを利かせることのできる仮想通貨FXでは、少額向けの投資にも向いています。jbcoinやThe Joy、XCOYNZなどの新興の仮想通貨で大きな値上がり益を狙ってみるのもおすすめです!

2019年仮想通貨のこれからの動きまとめ。” への1件のフィードバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です