バイク便の利用料金の計算方法を解説。

Q.支払い方法には、どのようなものがありますか?

A.バイク便の配達においては、個人で依頼するなら現金で支払うことが基本です。依頼が確定すると時間にバイク便のドライバーが配達元のところに来てくれるので、そこで前もって見積もりをとっておいた料金を支払い荷物を引き渡します。

月に何度も利用することが確定していたり、定期的に利用をすることが予定されている場合は、別途契約をすることでまとめて請求してもらうこともできます。

企業でバイク便を契約する場合、最初に取引口座を持っておいた方が支払いがかなり楽になるので、事業に必要という人は直接業者にお願いをしてみてください。

支払いを着払いにすることも業者によっては選択をすることもできます。その場合、荷物を届けたドライバーが受け渡しをするときに相手方から現金で支払いを受けます。

ただし、着払いはあらかじめ連絡をもらっていないと対応してくれないことがほとんどなので、依頼時に忘れずに受付の人に連絡しておくようにしましょう。

Q.バイク便の利用料金の計算方法は?

A.バイク便の料金の計算方法としてほとんどの業者が導入しているのが、集荷先と届け先の場所を直線で繋いだ時の距離によって加算計算していくという方法です。私の住んでいる神奈川のバイク便もこちらを採用していると思います。

最短距離は1kmからで距離が伸びていくことで料金が高くなっていきます。距離の計算方法は、それぞれの業者で独自の計算ツールを使用しているので、最初にどのくらいの料金がかかるかを知りたい場合には、入力フォームから見積もりがとれるところを利用すると便利でしょう。

ただしこの距離による計算方法はあくまでも標準料金であって、その他配送件数が多くなる年末などの時期や台風や積雪による悪天候の時には割増料金が請求されることもあります。

正確な料金は、依頼が確定した時に決まるので、前もって金額を知りたいという時は、入力フォームではなく電話などで確認しておいた方がよいでしょう。

Q.別途料金が必要になるケースとは?

A.バイク便の料金は、公式サイトにきちんと記載されていると思います。しかし、それらは標準料金としての金額なので条件によっては割増となることもよくあります。

割増料金になる代表的なケースとして、「高速道路を使用しての配送を希望」「荷物が規定外のサイズや管理を必要とする」「深夜時間帯の配送」といったケースです。

この差なケースは、あらかじめ割増になることが明記されているはずなので、請求されてから「こんなはずではなかった」ということにならないように確認しておくようにしてください。

その他、悪天候の時には割増になるという規定を設けていることがよくあります。中でも積雪があった場合には15%割増のようにかなり高くなるケースがあります。

バイク便の場合天候が悪くなると、極端に機動力が落ちてしまうという特性があるので、やむを得ず利用をするという時には天候のために配送が遅れる可能性があるということは知っておくべきでしょう。

オプションサービスで、予約配達で前日に預けて翌日配達をする場合には一時預かり料金として1,000円ぐらいを請求されるケースもあるようです。

一時預かりに関しては料金をとる業者ととらない業者があるので、時間を指定して配達をお願いしたいという場合にはオプション料金まで考えて選ぶようにしましょう。

FXでよく見る「pips(ピプス)」とは何?

Pipsとは?

まずPipsの読み方ですが、「ピプス」と呼びます。

2以上の数字だとPipsで表現し、1のみの場合はPipと表現します。

Pipは英語を省略しており「Percentage In Point」の略です。このPipsはFXトレードを行う際に使われる通貨単位となります。

日本円だと 0.01円=1銭(せん)=1pipとなります。

なぜpipsで表す?

日本円だと円の下の単位の全て「銭」で表わせば良いと思われますが、なぜ「pips」で表すかといいましたら、他の通貨ペアもあるためpipsで表したほうがわかりやすいからです。他の通貨ペアだと「銭」で表すのが難しくなります。

そのため、「pips」で表す方が損益をどれだけ出しているか分かりやすいので、「pips」で表すのが通例となっているのです。

対円(クロス円)のpipsは、少数第2位

対円は◯◯円と表記される通貨ペアのことです。

例えば、ドル円(USDJPY)、ユーロ円(EURJPY)、ポンド円(GBPJPY)のようなものを対円と呼びます。対円はクロス円とも呼びます。

対円のpipsは小数第2位で覚えればわかりやすいです、。

ドル円(USDJPY)が約120.00円で買い注文を入れ120.08円で決済したら、8pipsを取ることができたということになります。

その他の通貨のPipsは少数第4位

その他の通貨は小数第4位で覚えていただければ問題ありません。

例えば、あなたがユーロドル(EURUSD)を約1.1700ドルで買い注文を入れたとします。少し価格が上がり1.1709ドルで決済したとしたら、あなたはそのトレードで9pips取れたということになります。

100pipsとればどのくらい儲かる?

実はFXで得ることができる金額というのは「通貨ペアの値動き」と「ロット数」により変わります。

通貨ペア × ロット数 = 得ることができる金額

例えばドル円(USDJPY)に110.00円で買い注文を入れて111.00円で決済した場合、100pipsをそのトレードで取ったということになります。

次にロット数ですが、国内FXだと1ロット=1万通貨、海外FXだと1ロット=10万通貨で計算します。

1万通貨の場合は1pip動くと100円となり、100pips動くと10,000円になります。

10万通貨の場合は1pip動くと1000円になり、100pips動くと100,000円になります。

もし、1ロット注文で100pipsを取ることができたとしたら、100pips × 1000円 = 100,000円

の利益を取ることができます。

例えば、1.1500ドルで買いエントリーを入れて、1.1520ドルで決済をしたとします。

買いということは、価格が上がれば上がるほど利益が出ることになり、20pipsを取れたことになります。

一方、1.1515ドルで売りエントリーを入れて1.1495ドルで決済をしたとします。売りということは、価格が下がれば下がるほど利益が出ることになり、20pipsを取れたことになります。

筋トレを続けることのメリットとは何?

みなさんは、筋トレとは「筋肉を大きくしたい人だけがするもの」などと思っていませんか?

確かに、筋トレをすることで体のなかからエネルギーを作りだしていて、それによって生まれるメリットのある効果がたくさんあります。このページでは、続けたくなる多くのメリットをご紹介します。

基礎代謝の向上

筋トレを継続していくと、筋肉量が増えます。そして、それに伴い向上するのが基礎代謝量です。
じっとしていたりあるいは、眠っているときなども、体内では生命活動を維持するために必要な心拍・呼吸・体温維持などが行われています。基礎代謝とは、この活動で消費される必要最低限のエネルギーのことになります。

筋肉量を増加させ体の中で熱を生み出す力が強くなると、体内のエネルギーがより多く消費されていくので、痩せやすく、太りにくい体を作るということにつながります。

冷え性やコリも改善される

体の冷えやコリなどの原因として、血流が滞っていることがあります。
筋トレにより、継続的に筋肉を動かすことで毛細血管が発達し、全身の血行が良くなり体がポカポカしてくる感覚が得られます。体のすみずみまで血液が運ばれるようになると、それまで冷えていた部分も温まり、固まっていた部分も動きやすくなります。

ボディメイクにつなげる

筋トレといえば高重量という思う人も多いですが、低~中重量で回数を重ねるトレーニングには脂肪燃焼効果を得られるというメリットがあります。

減量のために、まず筋トレをする様にと勧められることも多くあります。まず体の中で熱を作るための筋肉をつけた状態で、筋肉に酸素を取り込んで脂肪を燃焼させる有酸素運動を組み合わせることにより、より効率的に減量することができる様になります。

筋肉をつける段階で分泌される成長ホルモンは、体脂肪の合成を防止します。また、すでについている脂肪組織の分解を促進する効果が期待できます。

筋トレを習慣化し、成長ホルモンの分泌を促進することにより、脂肪燃焼と筋肉をつけるという両面からボディメイクにつなげることができます。

成長ホルモンの分泌をサポート

体内の代謝を促す成長ホルモンも筋トレによって分泌させることができます。成長ホルモンは体の細胞を合成促進し、骨や筋肉を作るだけではなく、疲労回復や抵抗力をつけることにも役立つのです。

成長ホルモンの分泌は、加齢とともに徐々に減っていき、高齢者になるとほとんど失われます。しかし筋肉に直接刺激を与える筋トレを行うと、年代を問わず筋肉修復のために成長ホルモンの分泌が増大します。

また、睡眠中にも成長ホルモンは分泌されています。睡眠時最初のノンレム睡眠(30分後~2時間ほど)は成長ホルモンが一番分泌される時間帯とされていて、このときの眠りが深いほど、体の組織が修復、回復されやすくなります。

筋トレサプリをタイミングよく利用することで、筋トレを続けることのメリットがさらに増すでしょう。

仮想通貨の時価総額とは何?

仮想通貨には「時価総額」というものがあります。

仮想通貨を比較する際にどちらの時価総額が上?という見方がされますので、この時価総額について正しく理解をする事は仮想通貨を知る上でとても参考になります。

仮想通貨の時価総額とは?

仮想通貨の時価総額とは「通貨発行量×市場価格」で算出される評価指標です。仮想通貨は市場で売買される価格が365日24時間変動するので仮想通貨の時価総額は更新され続けます。

仮想通貨には複数の種類があり、一般的に「時価総額が大きいほど信用度・注目度が高い」と言われています。投資の際に参考にされる事が多くあります。

時価総額は仮想通貨を比較する際の一つの指標になりますが、時価総額というものを正しく理解する事で仮想通貨を正しく比較する事ができます。

発行量の違い

仮想通貨の多くは発行が徐々にされていきます。時価総額は現在における総額なので、全ての仮想通貨が発行された時にはどのような値になっているか分かりません。

また、2009年からビットコインは発行され始めましたが、イーサリアムは2014年から発行されています。このような期間の違いは時価総額だけを比較しても必ずしもその仮想通貨の力を示しているものではない事が分かります。

実際に存在している通貨が、どれだけのあるのかは時価総額で図る事はできません。

発行方法や管理の違い

ビットコインでは発行にマイニングという方法が用いられます。それには設備と電気代が必ずかかります。資源が必要となるものもあれば、管理主体が独自に発行をする事が可能なものもあります。

管理者が発行できるもの、と資源が必要なものにおいでは、総額を変動させる要因が異なります。また、発行後に全てが流通するものと管理者が保管するものがあり、それらは市場価格の形成に関わります。

管理者が一定数保有する仮想通貨は一気に売りに出された場合、市場価値は暴落します。デメリットとしては、全てが流通に回っているものは暴落時の調整が効かないというのがあります。このような発行方法や管理の違いがあるので、あくまで時価総額は一つの指標なのです。

時価総額ランキングが今後大きく変わる可能性も

仮想通貨は既に数千種類発行されていて、仮想通貨取引所では取り扱いがない仮想通貨も多数存在しているので、その正確な数を把握するのは非常に困難です。しかしその様な中でも、新たな仮想通貨は誕生し続けています。

今後新たな仮想通貨の登場で、時価総額のランキングが大きく変わる可能性はもちろんあります。なので、定期的に最新情報を得るようにしておきたいところです。個人的には、サニーコインの時価総額がどれぐらい変わるのか期待しています。

2019年仮想通貨のこれからの動きまとめ。

ビットコイン(BTC)の価格は、昨年末の6分の1程度となり、天井であるバブルから参入した方にとって2018年は損失が膨らんだのではないでしょうか?仮想通貨は、今後どのような流れになっていくのでしょうか?

仮想通貨の市場規模

株やFXなどの金融商品と比べてみると、仮想通貨の市場規模は小さいものです。

その理由は、仮想通貨という特有の性質上、投資対象としての信頼性があまり確立していないことが大きいでしょう。しかし、今後は市場が再び拡大する可能性はあります。

国内の仮想通貨取引所を見てみても、GMO、DMMなどの大手企業がが仮想通貨事業に参入していることから、今後は市場が再び拡大する可能性があることがわかります。最近では、SBI、マネックス証券のような、金融業界の大手も仮想通貨関連で名前が登場する様になってきました。

この様に、大手企業が参入しているという信頼性を背景として、また投資家が仮想通貨取引を始めることも十分に考えられます。

また、現物取引だけではなく、仮想通貨FXでの取引を利用する人が増えてきました。

仮想通貨の実用性

実用性も重要なポイントです。

ビットコインは通貨としての機能に特化しています。、ビットコインは、グローバルなデジタル通貨として現在一番普及しています。

日本国内においては、ビックカメラなどビットコイン決済をするお店が増えてきています。利用できる場所が増えれば、その価値が上昇することが予測されます。

ビットコイン以外にも、送金手数料が格安であるリップルも値上がりが期待されています。
リップルの特徴として、コスト面から銀行間の資金移動が安く、その点がメリットです。すでに実際の送金でリップルが利用されています。

仮想通貨のこれからの動きまとめ

仮想通貨の市場は、2017年1月上旬を経過したことから、価格が下落傾向にあります。

しかし、かつてのマウントゴックス事件後にも同様の傾向が見られました。

ビットコインやリップルに限らず、仮想通貨市場全体でみるとと、仮想通貨は、今後も成長をしていく可能性があります。

課題として、セキュリティ対策の強化、実用性の向上、決済できる場所が増えるなどがあれば、今後価格は、値上がりしていくでしょう。

仮想通貨の将来性に魅力を感じている人は、多額でなくても良いので、少額から投資してみるもの良いでしょう。レバレッジを利かせることのできる仮想通貨FXでは、少額向けの投資にも向いています。jbcoinやThe Joy、XCOYNZなどの新興の仮想通貨で大きな値上がり益を狙ってみるのもおすすめです!